ARBという種類に分類される高血圧症の薬、ミカルディス。処方してもらう際、医者に説明されたけれどいまいちわからない、またはもっと詳しく知っておきたい方のための情報をお届けします。

記事一覧

ミカルディスの使用と生活習慣病の脳卒中

ミカルディスは高くなりすぎる血圧を正常な数値にコントロールするための治療薬で、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬と呼ばれる種類の降圧剤となります。略称をARBとして従来のACE阻害薬に近いものとなっていますが、第二世代ARBとして近年では多くの高血圧症の治療に用いられています。副作用が少なく、持続性もあることから1日1回の使用で済むほか、長期使用の治療に向いているという特徴があります。ミカルディスを含む第二世代のARBは、強いPPARγ活性化作用があることが知られており、肝臓や血管、脳細胞など様々な臓器を保護する作用があります。その結果、高血圧と共に糖尿病を併発した患者では、肝臓を長持ちさせるために良く利用されています。脳卒中は生活習慣病の中でとても危険な症状で、大別すると血管が詰まることで起こる脳梗塞と、血管が破れて出血する脳出血の2種類に分けられます。過去には脳出血の症状が多かったのですが、最近では高血圧の治療が一般的になってきたことから、脳梗塞が増えている傾向にあります。脳卒中の中では出血のほうが遙かに恐ろしく、溢れた血液によって脳細胞を圧迫しダメージを受けることになるので、出血が止まったあとでも麻痺などの後遺症が残りやすく、最悪の場合は症状が回復しないまま死亡するケースもあります。脳出血は血圧が上がりすぎることで血管が破れるものですが、PPARγ活性化作用によって血管に伸縮性が加わり破れにくくなるという効果もあるので、ミカルディスは脳卒中の予防にもなる治療薬です。その他の生活習慣病にも良い影響を与えるため、高血圧の治療薬だけに留まらないのが特徴です。とはいえ、治療薬頼みでは一向に症状は治らないので、生活習慣の見直しも大切となります。

続きを読む

日本人向けのミカルディスは病態に左右されない

現代社会に生きる日本人が抱える医療面での課題として最も問題視されているものの一つが高血圧です。高血圧は病態として血圧が高い状態が維持されてしまっているものです。その病態によらず、自覚症状がないことが一般的であるのがとく特徴であり、それゆえに発見が遅れてしまうことがよくあります。高血圧自体には自覚症状がないものの、その進行によって合併症を生じやすいということが特徴として知られており、動脈硬化や心不全、腎不全などの合併症を経て致命的なリスクを抱えるようになります。そのため、病態によらず降圧治療が行われて合併症の予防が行われていきます。その際に用いられる医薬品としてミカルディスは近年市場に登場してきた有望な治療薬です。ミカルディスはアンジオテンシン受容体拮抗薬に分類される降圧剤であり、効果が一日程度継続することから一日一回の服用で良いというメリットがあります。そのため、高血圧管理に有用性が高く、高いコンプライアンスを得ることが可能です。そういった使いやすさに加えて、他のアンジオテンシン受容体拮抗薬にもあまり見られない作用があることが見出されてからはミカルディスの有用性が再認識されるようになっています。日本人の場合にも高血圧と糖尿病を合併する人が多いものの、そういった患者において他の医薬品に比べても高い有効性を示すことが明らかにされています。また、高血圧患者において糖尿病の予防効果があることも臨床的に確認されていることから、高血圧患者の多い日本人にとって糖尿病を合併しないための医薬品としてミカルディスが有用であると考えられるようになってきています。こういった視点から予防目的でのミカルディスの使用が注目されているのが現状です。

続きを読む

ミカルディスとピーナッツで末梢血管抵抗下降

ミカルディスは高血圧の治療に用いられる降圧剤であり、アンジオテンシン受容体拮抗薬として市場に登場しました。その当初はシェアの獲得に苦労していたものの、様々な臨床試験を経て有効性の高さが示されていくにつれて確実にそのシェアを広めてきているのがミカルディスの特徴です。高血圧は末梢血管抵抗が上昇してしまっていることによって血圧が高い状態が維持されているというのが基本的な病態であり、末梢血管抵抗を下げる作用を示すことによって降圧作用を発揮することができます。アンジオテンシン受容体拮抗薬に分類されるミカルディスはレニンーアンジオテンシン系と呼ばれる血圧調節系に作用し、血管収縮作用を抑制することによって血管拡張をもたらし、末梢血管抵抗を下げることを実現しています。こういった作用に加えて、腎臓などの臓器を保護する作用を持っていることがミカルディス独自のメリットして注目され、使用される機会が多くなってきています。一方で、高血圧治療においては根本治療を目指した取り組みも必要になります。その際に行われるもののとして中心となるのが食事療法です。血圧を下げたり、合併症を予防したりするのに役立つ食生活を取り入れていくというのがその基本であり、有効性があるとされる食品の摂取が推奨されています。ピーナッツは良質な飽和脂肪酸を含むピーナッツは動脈硬化の予防に高い効果を示すことが期待できるものであり、食生活の中に取り入れていくことによって合併症のリスクを下げることができます。また、血圧上昇の原因となるナトリウムの排出を促すカリウムを多く含んでいることから、ピーナッツによって血圧を下げる効果も期待できるため、積極的な食事への取り入れが推奨されています。

続きを読む

ミカルディス服用で注意すること

高血圧治療に用いられる比較的新しい医薬品としてミカルディスがあります。アンジオテンシン2受容体拮抗薬に分類される新たな作用メカニズムによって降圧作用を発揮する治療薬であり、広く用いられてきたカルシウム拮抗薬やβ遮断薬と並んで多くの治療における第一選択薬としての地位を獲得してきています。ミカルディスは先発品に比べるとそのシェアが狭かったものの、他のアンジオテンシン2受容体拮抗薬にはない効果があるということが見出されてからその使用頻度が高まってきているのが現状です。その作用はPPARγに対する作用であり、それによって最終的に腎臓や心臓、血管などの保護作用を示すことが明らかとなっています。そのため、高血圧によってストレスを受けやすいこれらの臓器に合併症が生じるリスクを低減させることができるとされており、好んで使用されるようになってきているのが現状となっています。しかし、ミカルディスも万能な医薬品ではなく、服用の際には注意しなければならない点があります。その代謝経路が肝代謝であることから、肝臓に疾患を持つ患者や肝代謝が主となる他の薬剤を使用している患者の場合には慎重に服用する必要があります。代謝が遅くなることによって血中濃度が上昇してしまい、低血圧やその他の副作用が生じてしまうリスクが高くなるからです。多くの場合には医師が肝機能の検査を行った上で処方をするものの、他の薬物との飲み合わせや食事における食べ合わせなどによってミカルディスの代謝が影響されてしまうことも多々あることから、患者自身が意識を持つことが不可欠となっています。有用性こそ高いものの、万能な医薬品ではないということは理解して服用することが大切です。

続きを読む

ミカルディス服用と食事と運動

40代になると、疲れが取れにくくなったり、体力の衰えを感じるようになることが増えるようになります。
そのような人が健康診断を受けると、血圧が高くなっていることが多いので、これぐらいは大したことはないなどとは思わず、医療機関を受診して、ミカルディスなどの降圧剤を処方してもらうようにしましょう。
血圧を上げる物質はアンジオテンシンⅡといいますが、ミカルディスを服用すると、この働きを抑えられるので、血圧血を正常に戻すことが出来ます。
血圧が高い状態が続くと、動脈硬化が進行して、脳梗塞や心筋梗塞などの心血管系の重い病気になりやすいので、たとえ自覚症状がなくても、高血圧の方はミカルディスで下げるようにしたいですね。
ミカルディス服用に加えて、普段の食事に気を使い、定期的に運動を行うようにすれば、高血圧などの生活習慣病を改善できるので、薬だけには頼らないことが大切です。
塩分や脂肪分、糖分の摂り過ぎは、血液をドロドロの状態にして、流れを悪くする原因になりますから、ハンバーガーやスナック菓子、ケーキのような、自分の好きな食べ物ばかりを口にするのはやめなければなりません。
肉、魚、野菜をバランスよく食べるようにすれば、血液の流れがスムーズになるので、生活習慣病を予防することが出来ます。
また、社会人になると、仕事や家事、子育てなどが忙しくなるので、体を動かすことが減りますが、これも血液の循環を悪くする原因になるので、高血圧になりたくないなら、定期的に運動するようにしてください。
体力的にジョギングが無理なら、ウォーキングでもよいですし、簡単なストレッチでもかまいませんから、毎日続けるようにし、それでも血圧が正常値にならない場合は、ミカルディスに頼るようにしましょう。

続きを読む